世界党 本ページ


世 界 党 大 会

4 年 に 1 回 開 催


第 二 回 世 界 党 大 会

バングラデシュ

2015

 第一回世界党大会が、2011年8月12日に、アフリカのガーナのアクラで開催されました。世界党は、世界連邦を樹立するための国際政党で、大会は4年に1回開催されます。各支部の代表は、会って情報と意見を交換します。世界党大会のおもな目的は、なんでしょうか。おもな目的は、


世 界 党 宣


を採択することです。各国からの公式代表が集まり、宣言を採択します。世界党は、世界連邦の権威を確立し維持する柱になることを目指しています。その柱の強さは、基本的に世界党宣言に基づいています。世界党大会の基本的なルールは、以下の通りです。


世 界 党 大 会 基 本 規 則

1. 大会が少なくとも1年前に告知されていて、開催地への到達に困難がなければ、出席者の数にかかわらず大会は承認されます。したがって、第二回大会の開催地は2013年末までに決定される必要があります。

2. 議席は、人口に応じて配分されます。総議席数は、基本的に1,000人で、大会の議席数はBranch List of World Partyに示されています。

3. 各支部からの代表は少なくとも1年前に登録されなければなりません。

4. 配分された議席数の3倍の代表が、登録できます。

5. 登録代表の中から、各支部は配分された議席数に応じて公式代表を送ることができます。

6. 第二回世界党大会が2015年に開催される予定のバングラデシュの場合、2011年において、世界人口が69億5073万7800人で、バングラデシュは1億5,049万4000人なので、議席は21.65です。少数第一位がゼロでないので、22.00に繰り上げられ、議席数は22なります。したがって、世界党バングラデシュは党員66(22 x 3 = 66)人を登録でき、この党員66人から代表22人が公式代表として大会に出席できます。詳しくは、世界党規約をご覧ください。

7. もし登録党員に何らかの問題があれば、他の登録党員は、その登録党員に対して反対することができます。もし反対が登録党員の総議決権の5%に達したら、その反対された党員は、登録党員から除名されなければなりません。ただし、その反対された党員が、世界党大会で、過半数の代表から承認を得れば、その反対された党員は登録党員にとどまれます。それゆえ、世界党には汚職はありません。

8. 代表の議決権は委任できません。つまり、出席している代表のみに議決権があります。それゆえ、50の議決権を持つ支部が10人の代表を送って来たら、その支部の議決権は10です。

9. 世界党規約に以下のように規定されています。

 個々の支部の最大議決権数は、出席している代表の議決権数の20%です。たとえば、出席している代表の総議決権数が500ならは、500 × 0.20 = 100票が個々の支部の持ちえる最大議決権数です。

出席する国が5以上なら。この基準は問題ありません。しかし、5未満ならこの基準は適用されるべきではありません。これは、以下のように説明されます。たった2か国が参加する場合、国Aが300人、国Bが200人を送ってくれば、総代表数は500人です。それ故、最大議決権数は500 x 0.20 = 100 です。しかし、この場合、国Bは200人を送ってくるので、最大議決権数は200人であるべきです。このように、参加国数が5未満の場合には新しい基準が必要です。新しい基準は第二回世界党大会で採択される予定の世界党規約草案に書かれています。それ故、この新しい基準を適用するには、事前に同意が必要です。新基準の詳細は、世界党規約草案第十四条 代表の議決権をご覧ください。この、各支部の最大議決権に関する問題は、大会の前に明確にされなければなりません。

 このように、ふさわしくない登録代表は他の登録代表に除名されるので、このシステムは世界党大会の権威を維持します。より詳しくは、世界党規約をご覧ください。
 大会では、党首が選出され、世界党の基本政策が確認され、そして世界党宣言が宣言されます。
 さらに、世界市民ネットワーク大会が、同日か翌日、開催されます。世界市民ネットワーク大会のページをご覧ください。

世界党の政策はどのようなものでしょうか。

 下の図にあるように、最初の段階では、世界党の政策は世界議会を設立することです。


 世界党の基本的な思想は、論文「世界政府のための国際政党」にもとづいています。基本的な政策は、各国の代表を人口に応じて、直接、選挙で選び、世界議会に送ることです。上の論文で提案された世界議会は、2院からなり、各院は基本的には千名の議員を持ちますが、世界党に提案された世界議会は、1院のみを持ち基本的には、千名の議員を持ちます。各国からの議員は、各国の人口に応じて配分されます。第一段階では、世界議会は、欧州議会のように立法権のない諮問会議で、立法権を得た後、世界憲法を制定します。世界連邦は独立国から成る世界的な連邦で、世界政府は連邦の中央政府です。世界政府は、軍事力の統率、通貨の管理、および各国のみでは解決できない他の問題を扱います。宗教、自由主義あるいは共産主義のような政治経済的な体制、工業、農業、商業、科学、芸術等は各国の自由です。したがって、連邦の諸国は自由主義も共産主義も宣言できます。世界議会に出席するには、いくつかの条件があります。


世 界 議 会 基 本 規 則

 1. 世界議会への代表は、人々に直接選ばれなければなりません。もし代表が選挙なしで送られてきたら、公式代表として受け入れられません。彼らは、オブザーバーとして出席できます。

 2. 各国からの代表は、少なくとも世界議会の開催の1年以上前に、議会の国際事務局に、登録されなければなりません。ただし、議会への出席の登録は議会の当日でも受付けられます。

 3. 一国は、議会における議席数の3倍の登録代表を持つことができます。たとえば、ある国の議会における議席が10人なら、その国は30人の登録代表を持つことができます。この30人の代表の中から、10人を公式代表として送ることができます。

 4. 代表の議決権は委任できません。つまり、出席している代表だけが議決権を持つことができます。したがって、10票を持つ国が5人の代表だけを送ってきたら、その国の議決権数は5票です。

 5. 基本的に、一国の最大議決権数は出席している代表の総議決権数の20%までです。この基準は、世界党の基準とほぼ同じです。詳しくは、世界党規約と世界議会規約をご覧ください。

 6. もし登録議員に問題があれば、ほかの登録議員は、その登録議員に対して反対することができます。たとえば、もし登録議員が直接人々により選挙されていなければ、ほかの登録議員はその議員の議席に対して反対することができます。登録議員が他の登録議員に対して反対するときは、反対する登録議員は自己の名前と明確に示された理由を記した文書を世界議会の議長に送ります。もし、反対が登録議員の総議決権数の5%に達したら、議長はその文書を各登録議員に送り、世界議会の会議では、反対された登録議員を除名する動議が提出されます。世界議会の会議で、出席代表の総議決権数の過半数の議決権を持つ出席代表が除名に反対すれば、その反対された登録議員は除名されません。それ以外の場合は、たとえ文書による反対が登録議員の総議決権数の5%でも、その反対された登録議員は除名されます。
 除名の議決のプロセスにおいても、一国の総議決権数は、基本的に、最大で、出席している代表の総議決権数の20%までです。計算の詳細は、規約をご覧ください。

 世界党大会と世界議会の条件には、いくつかの類似点があります。最も重要な点は、登録代表は他の登録代表を除名できるという点です。このシステムにより、世界民主主義を維持するのにふさわしくない代表は除名されます。それゆえ、世界党大会と世界議会の権威は維持されます。詳しくは、世界党宣言をご覧ください。

世 界 党 大 会 へ

公 式 代 表 を 招 待

 発展途上国には、たくさんの登録党員がいます。彼らは貧しいので、世界党大会に出席できません。大会を強固な権威にするためには、多くの代表が出席しなければなりません。そのため、代表を大会に招待する計画をたてています。しかし、代表を招待するには、多額の資金が必要です。そのため、

  寄 付  

をお願いしています。寄付金のための銀行口座研 究 所 の 財 政があります。これは、世界政府研究所日本の口座です。寄付をよろしく願いします。できるだけ多くの代表を、大会に招待したいと思っております。
 支持者が寄付をおくるとき、支持者が少額でない寄付金を送ると、法的な問題が発生します。特に、国際送金は問題になります。近いうちに、この問題を解決する予定です。

2014年4月27日更新



第 一 回 世 界 党 大 会

ガーナ ・アクラ・ 2011年8月12日


 第一回世界党大会が、2011年8月12日にアフリカのガーナのアクラで開催されました。世界党大会は、世界党の最高機関です。大会の議席は1,000人で各国の人口に応じて配分され、大会の議席は、 Branch List of World Party に示されています。少なくとも1年前に告知されており開催地へのアクセスに困難がなければ、出席者の数にかかわらず、大会は承認されます。各支部は、公式代表の3倍まで登録でき、この登録代表から、公式代表を送ることができます。各支部の登録代表は、少なくとも大会の1年前に登録されなければなりません。したがって、2010年8月11日までに登録したメンバーのみが公式代表として大会に参加できました。もし代表に何らかの問題があれば、他の登録済み代表は問題のある代表に対して反対することができます。もし反対が総投票権の5%に達したら、反対された代表は登録済み代表から除外されなければなりません。この場合、反対された代表が過半数の登録済み代表の承認を得れば、登録済み代表に留まれます。したがって、世界党には汚職はありません。世界党ガーナの場合、議席は3.49人で少数第一位がゼロでないので4に繰り上げられ、12(4×3=12)人を登録でき、この12人から4人が公式代表として大会に参加できます。詳しくは、世界党規約をごらんください。

世界党大会  2011年8月12日  ガーナ  アクラ  アフリカン・リージェント・ホテル
 上は、大会の写真です。大会の参加者は、公式代表2名、世界党メンバー1名、および他の参加者3名でした。公式代表は、鈴木俊雄氏、世界党日本、およびNashiru Abdulai氏、世界党ガーナでした。もう一人の世界党メンバーは、Karl A.Y. Kpodo氏、世界党ガーナで、他の3人はMr Iddrisu Safianu氏、Diana Anyidoho女史、およびKwaku Osafo博士でした。下は、公式代表の、鈴木俊雄氏、世界党日本とNashiru Abdulai氏、世界党ガーナです。

鈴木俊雄氏、世界党日本

Nashiru Abdulai氏、世界党ガーナ
 大会では、以下の事項が可決されました。
 世界党規約が鈴木氏によって説明され、採択されました。

 世界党宣言が鈴木氏によって説明され、採択されました。

 鈴木俊雄氏、世界党日本が党首に選出されました。Nashiru Abdulai氏、世界党ガーナが、党首により副党首に指名されました。

 世界党にふさわしくないメンバーが、除名されました。彼は、博士号の保持を宣言しておきながら証明書のコピーも生年月日も送って来ず、ウエブサイト "w-g.jp"が彼の管理下にあるというような記事を書いていました。

 これらの事項は、2名の公式代表により可決されました。これらの事項のほかに、Kwaku Osafo博士とKarl A.Y. Kpod氏がスピーチを行いました。世界市民ネットワーク大会は、世界党大会に含まれました。Kwaku Osafo博士は、世界党を促進することでのアドバイスを下さり、Mr Karl A.Y. Kpodoは主権について話しました。この後、多くのことについて議論しました。
 党首は決定され、本部の住所は党首の自宅です。しかし、将来、党規約は改定でき、党首は選挙で変更でき、本部も変更できます。
 重要な事柄が二つありました。一つは、多くの国に駐留している米軍についてです。私(鈴木俊雄)は、米軍がガーナに駐留していることを知りませんでしたが、ガーナの人々は米軍が日本に駐留していることを知りませんでした。多くの人々が、米軍は各国の政治に介入しないので、米軍の存在は大して重要ではないと考えています。しかし、朝鮮半島の場合を考えると米軍の影響がわかります。朝鮮半島には、北朝鮮と韓国があります。これらの国の人々は同じで、両国の統一を期待しています。北朝鮮は独裁制下にありますが、韓国は民主制下にあります。この違いは、米軍の存在によるものです。同じことは、日本、台湾、アフガニスタン等のような他の国についても言えます。例えば、米軍が日本から撤収すれば、日本が軍国主義に帰るかも知れません。私の考えるところでは、将来、世界党大会のような国際的な政党の国際大会は非常に強い権威を持つので、世界党のような国際的な政党が米軍なしで民主主義を維持する力を持つでしょう。
 もう一つの重要なことは、世界党日本は天皇制を廃止しようとしていることです。何人かのガーナの人々は、これを心配していました。実際、現在の日本では、天皇制を廃止しようという強い意見はありません。しかし、現在の日本では、国家財政の破産が近づいています。もし人々が国家財政の再建を望めば、世論は天皇制の廃止に到達するでしょう。一言でいえば、天皇制は、国家奴隷制です。日本の歴史において、いくつかの国家財政の破産がありました。その時、天皇は間接的に日本を支配していました。つまり、天皇は幕府の長である将軍を任命しました。幕府は、封建時代の戦士である侍に支配されていた日本の封建的政府です。破産はこの体制の下で起こりました。これは、本質的に現代でも同じです。東京に皇居があり、これは大会社、政府官庁、そして国会などの巨大な建物に囲まれています。皇居の周辺の会社は、日本の代表的な会社です。これらの会社の役員は、情報と意見を交換しており、日本財界のリーダーです。これらの会社役員、政府官僚、および政治家はお互いに密接な関係を持っています。これらの人々の政治は、本質的には封建時代の政治と同じです。つまり、彼らの政策により国家債務が蓄積し、踏み倒されます。それ故、日本の国家財政は天皇制を廃止せずには再建できません。近い将来、勤勉な人々の貯蓄は踏み倒されるでしょう。だから、天皇制を国家奴隷制と呼ばなければなりません。天皇制を廃止しなければならない、もう一つの理由があります。米軍が日本を撤収すれば、政治的状況は戦前と同じです。つまり、総理大臣は殺害され、軍国主義が来るかもしれません。 天皇制の廃止の後は、天皇は民間の宗教法人の長として存続し、そのために必要な資金は供給されるでしょう。
 大会は、世界党ガーナのNashiru Abdulai氏とKarl A.Y. Kpodo氏のご助力により可能となりました。お二人の貢献に深く感謝しています。寄付に関しては、中村岳夫氏が世界政府研究所に2万2,000円、世界党に7,000円の寄付をくださいました。しかし、8月の月報(英語版)には、研究所に3万2,000円を寄付したと誤って書いてしまいました。そこで、私も1万円を寄付しました。寄付総額は、3万9,000円になり、486ドルに換金されました。寄付は、Nashiru Abdulai氏に渡しました。残りは、彼の仕事に対する報酬として受け取れますが、2012年3月31日までに、歳入と歳出の報告を書かなければなりません。

2011年9月15日更新


世界党 本ページ